Facebook にシェア

業績アップのための部下指導コーチング研修!

セミナー動画

部下指導に失敗するリーダーは部下を褒めない、部下指導に成功するリーダーは部下を褒める!

時代はいつの間にか多様化を極めています。
それは「一つの問題に対して、答えが一つではない」という複雑な社会があるということです。
また今日の正解は、1年後には不正解になってるくらいのスピードで時代が動いています。そんな中求められるのが、全天候型のリーダーです。
つまりどのような状況においても、前向きに最善を尽くし、自立型の部下を育成できる人材です。
日本褒め言葉カード協会の「部下指導コーチング研修」は、コーチングの技法を中心に、会社で部下を育て、業績を上げるリーダーを育てるための実践的な研修です。

部下指導コーチング研修のお問い合わせ

部下指導に失敗するリーダーは話してばかりいる。部下指導に失敗するリーダーは聞き上手。

自分は聞くことができていると勘違いをしている残念なリーダーがたくさんいます。部下と話しているときの態度はどうでしょうか。ちゃんと部下の目を見ながら話を聴いているでしょうか。うなづきが相づちを入れているでしょうか。

まず、部下の話を聞くときの態度は、部下に向かって正対しましょう。リーダーが正対することによって、部下は大切にされている、聞いてもらっている、信頼されていると感じることができます。部下指導に失敗するリーダーは、正対して話を聞く態度ができていません。例えば、体を斜めにしたまま話を聞いているので、視線も部下に向いていません。そして部下が話を聞いて欲しいときに、小言や指示命令、アドバイスなど自分の言いたい話ばかりしています。話を聞くと決意したとしても、話の割合は部下よりも多くなってしまっています。同じ割合だと部下は聞いてもらった感じはしません。部下が話す方が7割で聞くほうが3割くらいの割合だと、部下はきいてもらった感覚が残ります。

(中略)いつでも部下の話をしっかり聞きましょう。部下と向き合うときは、親友といるときと同じで、世界で一番大切な人と思って、周りに何が起きていようが、意識は常に部下に向けます。例えば、部下が変えるときに、「お先に失礼します。お疲れ様でした」と言われてパソコン作業をしていないでしょうか。失敗するリーダーは当たり前のようにこの態度を取っています。しっかりと部下に注意を向けて、相手が必要としている瞬間を絶対に逃さないようにしましょう。
(「ぐんぐんと部下が育つリーダーの55の成功習慣」より抜粋 藤咲徳朗 著)

部下指導コーチング研修のお問い合わせ

会社の風土や課題に応じて研修メニューを組み立てます!

オリジナルテキストを使用して、企業研修を行います

研修内容の例

  1. 4つの原動力
  2. 一方的コミュニケーション
  3. 双方向型コミュニケーション
  4. 引き出しの技術
  5. 質問の技術
  6. GROWのモデル
  7. 傾聴の技術
  8. 観察の技術
  9. メラビアンの法則
  10. 伝える技術
  11. 伝達の技術
  12. 3人のレンガ積みの話し
  13. ピグマリオン効果
  14. やる気を引き出す言葉

部下指導コーチング研修
・料金の目安 30万円(5時間)
・日本全国対応
・宿泊費、出張費は別途いただきます

日本褒め言葉カード協会 理事長 藤咲 徳朗
「私が御社のホウレンソウ研修を担当いたします。お気軽にご相談ください!」

ホウレンソウ研修のお問い合わせ

新刊!「ほめ言葉マーケティング」

特典プレゼント!

企業研修講師養成メルマガ

melma_bannaer

メルマガ登録キャンペーン実施中!(特典付き)

仕事も家庭も幸せになる 「褒める・認める・感謝する会話術」 メールセミナー
-----------------------------------------------------------------------------------
キャンペーン特典
■「アニマル褒め言葉カレンダー2018年版(A4版)」
■「褒め言葉200選あいうえお表」
■「褒め言葉語録集1」
■「褒め言葉語録集2」
■「褒めるルール10ヶ条家族版」

melma_bannaer

セミナー情報

藤咲徳朗公式ブログ

blog

褒め言葉LINEスタンプ登場!

stamp
stamp
stamp

最近の投稿